初めての赤ちゃんへの授乳は意外と苦労する話

赤ちゃん 妊娠・出産

母乳推奨の産院だと出産後、12時間後くらいから始まる授乳。

大体の手順はわかってるし大丈夫でしょう

と思っている方、意外と大変ですよ。
(あまり苦労した話を聞かないので皆さん何事もなく過ぎているのでしょうか?)

私は授乳タイムの度、最後に終了していました。平均所要時間約50分です。

深夜は看護師さんに申し訳ない上、睡眠時間が削られて体も心もかなりしんどかったです。

そんな私の経験談です。

スポンサーリンク

授乳環境

私が出産した個人病院では授乳ルームという大部屋がありました。

3時間ごとに授乳ルームに母親が集まって授乳する(ミルクを与える)ことが決まっていました。

掲示物として

  • 授乳ルームでの作業手順
    1. おむつ替え
    2. 手洗い
    3. 乳房マッサージ
    4. 子の体重測定
    5. 授乳(3分1往復~3分2往復くらい)
    6. 子の体重測定(差分で授乳量確認)
    7. 不足分の補足(ミルク)
    8. 搾乳
    9. おむつ替え
    10. 片付け
  • 乳房の基底部マッサージの方法
  • 授乳時の姿勢

が2か所ほどあり、特に見えない位置があって困る、ということはありませんでした。

手順が事細かに書いてあるにも関わらず、授乳で躓いたのには以下のような問題がありました。

授乳時の問題点

私の場合、赤ちゃんがおっぱいに吸い付くまでに大変時間がかかりました。

赤子は授乳のコツを知らない

個人的な印象ですが、赤ちゃんとは乳首で唇をつつけば勝手に吸い付いて飲み始めてくれるものだと思っていました。

現実には、そうなるのは産後1か月くらいからで、生まれたての頃は
口を開けたところで、乳首を奥までねじ込んであげないといけません。

きちんと口に入りきっていないと飲まれている最中に赤ちゃんの歯茎が食い込み、痛んできます。
赤ちゃんは生まれたての頃は力加減がわからず全力で口を動かしているためです。

毎回口に入り切っていないと、傷となってその後授乳の度痛みます

また、奥までねじ込んでも入り方が悪いのか、むせながら舌で押し返されました

何度やっても押し返されるので、哺乳瓶の先をかぶせながら授乳したこともありました。
※授乳として赤ちゃんの口にはほとんど入らないのですが、乳房への刺激のため必ず決まった時間授乳しなければいけないと言われていました。

赤子が起きない

3時間おきと授乳時間が固定のため、赤ちゃんが起きていなくとも起こして授乳をしなければなりません。

なかなか寝なくて困っているお母さんもいらっしゃる中、うちの子は全く起きませんでした。

看護師さんが

  1. 足の裏をくすぐる
  2. 手のひらの真ん中を押す
  3. かかとや土踏まず、足の指先を圧迫、刺激する

などして起こしてくれるまでなかなか起きません。

自分でやるとすぐ寝なおしてしまったり、効果がなかったり。

起きた後も機嫌が悪く体を動かすので支える手が不安定となり、なかなか狙いが定まらなかったです。

赤ちゃんに飲む気がない

これは2人目の時だけなのですが、正しく口に入れたにも関わらずそのまま眠りに落ちることがしばしばありました。
このときは哺乳瓶も同様に飲みませんでした。

手足を刺激しながら哺乳瓶を飲ませてくれていた看護師さんもあきらめて「今回はこれで」と言われたので小食な場合もあるようです。

2人目のときはこちらの都合で無理やり出産した感があったため、外界で生きるための体力が足りていないのかな、と思いました。(詳細は出産レポート陣痛から編をご覧ください)

搾乳の問題点

搾乳も授乳ほどではありませんが、多少時間がかかっていました。

  1. 産前までの乳房マッサージが足りておらず、そもそも乳の出が悪かった
  2. 不器用すぎて絞り方が下手
  3. どれくらいの時間頑張ればよいかわからない

3番目は前回の搾乳量を超えるか同量を目安にしていましたが、看護師さんに手伝ってもらっていた場合と自力のみでは搾乳量が全く違うため、困ることもしばしばありました。

工夫したこと

3日もすれば自分の力量ではどうしようもないことにあきらめが出てくるため、環境を何とか変えようとしました。

一番に授乳室に入る

毎回最後になることが精神的にきつかったため、少しでも早く作業を始められるよう早めに支度をしました。

とはいえ開錠時間は決まっていたため、その範囲でなるべく早く入室しようとしました。

(もちろん寝坊して遅めの入室になったこともあります…)

困ったらすぐ看護師さんを捕まえる

10数人いる授乳ルームに1~3人は看護師さんがいました。

授乳作業の進みが遅いと看護師さんから声をかけてもらえるのですが、起きないなど困ることがあればなるべく早めに言ってヘルプについてもらいました。

とはいえ夜間はどうしても人数が少なく、ほかの人にかかりきりになっていると来てもらえないことも多かったですが、自分だけで何とかしようと思っていた時よりかなり楽になりました。

最後に

いかがでしたでしょうか。

私自身授乳の流れでつまずくとは全く思っていませんでした。
産後は特に想定していなかったところでつまずくと精神的に大ダメージを負ってしまいます。

わからないこと、できないことは早めに看護師さんへ信号を出すことが大事だと思いました。

コツもつかめず頼りきりだと退院した後困るのでは、などは考えなくても大丈夫です。
環境が変わればなんとでもやれます。
私は退院後どんどん滞りなくできるようになりました。

なんともならなかったらその時はまた病院に相談しましょう。

使えるものがあるうちはなんでも使う の精神で(でも敬意は忘れず)肩の力を抜いて赤ちゃんと向き合うことができればと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

それでは。

妊娠・出産
スポンサーリンク
よよ母さんの備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました