我が家の妊活と男の子の産み分け

妊娠・出産

我が家の妊活

結婚後、子供をどうするか夫と話し合いました。

  • 人数
  • 時期
  • その他譲れないこと
スポンサーリンク

人数

親以外に親身になれる話し相手がいたほうが良いよね、となり2人以上で一致しました。私は2人姉妹だったので2人ほしい、夫は3兄弟だったので3人ほしいようですが…

  • つわりがそこそこきつい
  • 前2人とも切迫早産で8か月目以降自宅安静か入院していたこと
  • 体力とその他ほしいサポート体制が全くないこと

を理由に今は断っています。
 切迫早産に関しては2人目の定期検診の際に「体質だから次もたぶん(切迫に)なるよ」と言われたので、かなり尻込みしています。

時期

「ほしいときにポンと宿るもんじゃないから」という夫の意見でなるべく早く始めることにしました。後述の理由ですぐには始めませんでしたが…
 私自身、月経不順で月に2度月経があったりで不安だったため、その点は同意しました。1年くらい様子見で…と思っていたらすぐ来てくれたので杞憂でした。

2人目は2歳差で、と思っていましたが、産後からなかなかそういう気分になれず、3歳差となりました。今もあまり戻っていません。

その他譲れないこと

早生まれは避けたい

早生まれの方気分を害したらすみません。
 夫の一番優先したいことで、昔、最後の部活の大会が終わって1,2か月後くらいで身長が急に伸びたことが悔しかったらしく、絶対に譲れないとのことでした(体格が大きいほうが有利だったそう)。
 大事をとって4~7月は妊活は避けることにしました。

男の子が1人はほしい

これは私の意見です。夫は結婚の際、苗字を継ぐためわざわざ母型の祖父母の養子となりました。次の代は気にしなくていいと言ってもらえていましたが、後々なにか言いそうな親族なので、という不純な動機です。
 正直姉妹だったので男の子を育てるのは不安でしたが、今のところ性差を感じることもなくよかったなあという感じです。

具体的な妊活

1人目

上述の妊活を避ける時期だけ特に何もせず、産み分けも特に意識しませんでした。月経不順があったので、基礎体温をつけることだけ念のためしていましたが、ずぼらなのでまばらにやっていただけでした。
 自転車通勤だったので、妊娠したかな?と思った時からバスに切り替えた程度です。

2人目

なるべく男の子が欲しいと思い、基礎体温をつけ、排卵日らしき日を確認していました。産後から月経不順は治っていたので、ひと月確認できればあとは計算して割り出していました。

授かった月に共通していたこと

  • 友人と会っていた
     1人目の時は大学の同窓会、2人目のときは夫の友人と会っていました。
  • 周りで妊娠報告があった

総括すると、ストレスが減り、妊娠を意識する機会があると授かりやすかったかなあと思います。

授かる前にやっておいたほうがよかったこと

夫婦二人での遠出、外食

特に居酒屋やちょっといいレストランなどは行きづらくなりました。また、食事に行ってもゆっくりできない(子供の食事が終わったら騒ぎ始める)ので、夫婦二人でゆったりしてできることは率先してやっておいたほうが良いです。

妻側のストレッチと体力づくり

出産の体制がきつかったです。妊娠中はあまり大きな運動はできないので、妊活としてやったほうが良いと思います。
 医者に言われたわけでなく勝手な意見ですが、私が切迫になりやすいのは体が硬く骨盤底筋がゆるいせいではないかと疑っています。筋力に自信のない方はぜひやっておいてください。

男の子の産み分けについて

巷に転がる産み分けの説にあてはまるか確認してみました。
(一人目と比較してどうだったか)

項目 〇×
排卵日直前をねらう
女性が気持ちいい
行為はできるだけ深く ×
なるべく禁欲する
夫がカフェインを摂取する ×
夫は長風呂やサウナを控える ×
妻は野菜やきのこ、海藻を積極的に摂取する ×
夫は肉、魚類、穀類を積極的に摂取する ×
産み分けゼリーなどを使う ×

食事類はあまり意識していなかったのでこんな結果になりました。

 これはどうですか!?というのがありましたらコメントでご連絡ください。
それではまた。

妊娠・出産
スポンサーリンク
よよ母さんの備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました