出産レポート 破水から編

妊娠・出産

今回は出産の際の流れについてです。

娘の出産は破水から始まりました。

出産レポート 破水から編

スポンサーリンク

臨月は陣痛への不安

長らく切迫早産だったくらいなので、臨月は夜になると毎日のように8分~30分おきくらいに張りを感じていました。

多くの方は陣痛ってどれくらい痛いのかな、という点が気になると思いますが、私は本当に陣痛が来たらわかるのかが最も気になる点でした。

なかなか気づけず、病院まで間に合わなかったらどうしよう。。。

自分の母は姉を2時間、私を30分で産んだとのことだったため、ぽんぽーんと生まれるものなのだと思い、余計に不安でした。

始まりは突然に

その日、なんとなく眠れずにゴロゴロし深夜1時15分を迎えていました。

たまたま日中昼寝していたのでそのせいかな、と思いつつ出産のことを調べていると、

プチッ

と水泡が破裂したような感覚とともにパンツがしけったような。

トイレに行ってみるとパンツがびしゃびしゃでした。でも色もなくズボンが濡れたほどではない…。

おしるしとは違いそうだし、とりあえず生理パンツ+通常パッドをつけ、気のせいかもしれないから~とまた横になりました。
(今考えると病院に電話すべき事象ですね)

1分と経たずにまた同じ感覚があり、トイレに行くとパッドがぐっしょりと重くなっていました。

病院へ

さすがに破水と気づき、夜用パッドをつけ、病院に電話、母をたたき起こし、入院グッズをもって病院へ行きました。

まずは破水か検査

インターホンでドアを開けてもらい、看護師さん(※)と状況を確認すると、破水しているか確認することになりました。
※以後看護師さん表記の人はもしかすると助産師さんかもしれない

入院患者さん用の検査室にて入院着に着替え、診察台に登り(自動昇降タイプじゃなかった)、腰を下ろした瞬間

「ばっしゃー」

と大量の水が。。
あたり一帯がコップの水でもひっくり返したかのような滴り具合に。

緊張してちょっと座るときに勢いがついてしまった気がします。

謝り倒しつつ拭いてもらい、産後渡される用の産褥ショーツ&新しい入院着に着替えました。

その後、破水確認と子宮口の開き具合を確認しました。たしかその時は3㎝だったはず。

今日中に生まれるだろうとのことで、陣痛室代わりの入院用の2人部屋に通されました。

陣痛室代わりの部屋

先にもう一方、カーテン越しにいる状態で、待機することになりました。

この時点で母には帰宅してもらうことに。

胎児の心拍確認とお腹の張りを見る装置(NST)を付け、寝てるだけです。

看護師さんからは「トイレの大をしたくなるような、力みたくなるような痛みが来たらナースコールして」と申しつけられました。

この時点で2時くらい。遠方の自宅で寝ている夫に「破水した」旨をメッセージで送り、そのまま待機していました。

痛みは突然に

お腹の張りをチェックしていると意外と等間隔に来ていることに気づきました。5分程度だったと思います。

隣からは時折「ふーっ、ふーっ」と痛みに耐える声が聞こえていたので、私よりだいぶ陣痛が進んでいるのだろうなと漠然と考えていました。

でも全然痛い感じじゃない…と思いながら確認していた4回目の張り、あれ?なんか痛いぞ?という感じがしました。

まだ気張りたいほどじゃないし…と思っていると次の張り。

ギリギリギリ!!!!

あ”あ”あ”あ”

急激にお腹を壊したような痛みと気張りたい感覚に襲われました。

これがわからない人はいないわ…と身をもって理解した瞬間です。

午前2時半。迷わずナースコールを押します。
「気張りたい感覚きました。」

分娩室へ移動

看護師さんが着てNSTを確認、そして一言。

「分娩室に行きますね。

ゆっくりでいいので

がんばって歩いてください。

(゚Д゚)え?

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚) ・・・

はい・・・

部屋から分娩室まで20mもないと思う距離でしたが、陣痛がきた瞬間、手すりにうなだれて動けなくなりました。

「だいじょうぶですかー?ゆっくりでいいですからねー」

さすが看護師さん、手慣れているから塩対応です…。

この辺でだれか呼ぶか聞かれたので、陣痛の合間に母に連絡して来てもらいました。

in 分娩室

正直この辺はうろ覚えなので箇条書きです。

  • 子宮口確認から。全開確認
  • 先生はなかなか来ない。
  • とにかく痛いのに気張ってはだめ、呼吸法「ふっふっふー」を促される
  • そんなこと言っても痛いので力はいり気味→ NSTで胎児心拍が下がるので即注意されるを繰り返す
  • かなり長い間繰り返した気がする
  • 会陰きれそうだから切りますね→「はい…」→チョンとつつかれたような程度?痛くない
  • 気張っていいよと言われて3回くらいで「どぅるん」。
  • さらに気張るともう一度「どぅるん」
「めぇえ~ん」

(;゚∀`)羊のような産声・・・

蓋を開ければ4時過ぎに娘が産まれてきてくれました。

カンガルーケア推奨だからか、抱っこして写真を撮ってもらいました。

約39wでの出産なのに2500gちょっとしかなかったため、とても軽く落としそうで怖かったです。

写真撮影後はすぐ、傍にある保育器のような透明なケースの中で待機させられていました。

後産

楽しい面会は束の間。

「胎盤出しますねー」

と医師が近づいてきてお腹に手をのせました。

後産のこと、よく調べてなかったのでびっくりだったのですが

「ギュっっっ」x100

と両手の腹でお腹のいろんな部分を押されたような感覚。

逃げるすべがない分陣痛より痛い。

絶対陣痛より痛い。

目の前がちかちかしました。

縫合

会陰切開したので縫合作業もありました。

陣痛もなく麻酔のみなので

プス キュッ

と刺して引っ張る感覚が直でくる上、針を刺した瞬間はやはり多少痛かったです…。

謎の休憩

ここまでで4時40分ほど。
部屋への移動準備のためか?謎の待機時間がありました。

その間に母と雑談。

入院部屋へ移動

5時前になってようやく移動。

車いすに乗せられ、部屋に入りました。

産後初めてのトイレをドア越しに看護師さんが待機している状態で済ませ、そのままベッドまで移動、以後の予定を確認されて解放されました。

興奮しすぎて眠れなかったので、陣痛から出産までの時刻や流れを手帳に即起こしたり、夫へメッセージを送ったりしました。

陣痛のことはすぐ忘れてしまうと言われていますが本当なので、なるべく早めにメモしておくとよいと思います。半年も経過したころには産声の件もメモを見るまで記憶が飛んでいました。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

破水からだったためか一般的なお産より早く進み、体力的にはかなり余裕がありました。

「出産時間が短いと陣痛がより痛く感じる」という話も聞きますが、正直痛い時間が短い分ましだったと、息子を産んだ今は思います。

破水してもなかなかお産が進まず翌日促進剤を打たれる方もいるので、一体験として参考になればうれしいです。

それでは。

妊娠・出産
スポンサーリンク
よよ母さんの備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました